媚薬は本当に効果アリ!?媚薬の種類や媚薬効果の期待できる食材も紹介

アダルトビデオや成人用漫画でよく出てくる「媚薬」には、女性の性的欲求を高め、女性から求めてくるようになる効果があるといわれています。

本当に媚薬には、女性がムラムラして我慢できなくなるほどの催淫効果があるのでしょうか。

媚薬の効果が本当であれば、どんな非モテ男子でもセックス三昧だといえるでしょう。

今回は女性の性的興奮を高める媚薬の効果についてや媚薬の種類、媚薬効果が期待できる食材まで紹介していきます。

【注意】媚薬に性的欲求を”劇的”に向上させる効果は期待できない

成人用漫画やアダルトビデオの描写において、媚薬は女性の意思に反してセックスしたくなる薬と出てきますが、実際にはそこまでの効果はありません。

しかし、市販されている媚薬は詐欺だと言い切れるものではありませんのでご安心ください。

媚薬は女性の性欲を劇的に向上させるほどの効果はありませんが、国によっては医薬用に使われる成分が入っているものあります。

媚薬を選ぶ際には、そのような成分が入っているかを見極めて購入するようにしましょう。

媚薬は「女性を虜にするものではなく、女性とのセックスの満足度を向上させるサプリメント」と認識していただくのが一番です。

媚薬は、パートナーとのセックスをより良いものにするために使いましょう。

媚薬の効果とメカニズム

ホルモンバランス

媚薬は、女性の血行促進や体温をサポートし、イキやすくする成分が入っています。

人間に発情期は存在しませんが、ホルモンバランスによって、性欲が変化する特定の周期は存在します。

媚薬はこの周期を利用して、性欲を引き上げるサポートをするものなのです。

女性は主に2種類の女性ホルモンを分泌しており、それぞれの分泌量の変化により、生理時のイライラや性欲の高まりに関係しているのです。

排卵前後の気持ちの変化として、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが作用しています。

エストロゲンは排卵前に多く分泌される女性ホルモンであり、セックスに対して積極的にさせる効果があります。

プロゲステロンは、排卵後に多く分泌される女性ホルモンであり、女性の体内環境を整えて妊娠しやすくする効果を持っているのです。

女性は、排卵する前から直後まで、子を宿すために性欲が高まります。

エストロゲンの分泌は性欲の高まりに大きく影響しており、媚薬はこれをサポートするものとなっているのです。

女性の性欲の高まりにはホルモンが深く関係している

興奮する女性

女性の性欲の高まりには、ホルモンバランスが大きく関わっていますが、媚薬を購入する際にはどれを選べば良いかわからないですよね。

女性の性欲が最も高いのは排卵直前であり、この時エストロゲンの分泌量が最もピークだといわれています。

女性の性欲の高まりには、男性ホルモン「テストステロン」も関係があり、排卵が近づいてくると女性の身体でもテストステロンが若干分泌されているのです。

それぞれ2つの性ホルモンが、女性の性欲の高まりに深く関係しています。

エストロゲンとテストステロンが媚薬効果の鍵

エストロゲンとテストステロン

女性にも若干分泌されるテストステロンは、女性にとって重要な性ホルモンであり、若々しさを与え活発にする効果があります。

またエストロゲンの分泌は、女性をセックスに対し積極的にして、魅力的にする効果があります。

この2つの性ホルモンは排卵日が近づくにつれ分泌量が上がり、女性の性欲の高まりに効果があります。

媚薬効果は、この2つの性ホルモンの分泌量を促すものだといえるでしょう。

女性の性的快感にはセロトニンが関係

セロトニン

女性の性的快感である「オーガズム」は、脳内麻薬である「セロトニン」が大量に分泌されることで起こります。

オーガズムにより、強力な膣収縮が引き起こされ、これにより女性は性的快感を得られるのです。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、血行促進や体温向上による高揚感を生み出す効果があります。

セロトニンは血行促進効果により、身体の隅々の毛細血管の血行が促進されるので、神経が研ぎ澄まされて感度を引き上げる効果もあります。

これらにより、セロトニンは性的快感に関わっているといえるでしょう。

媚薬のタイプと購入時の注意

性ホルモンである「エストロゲン」と「テストステロン」の分泌を促進する媚薬は、性欲の高まりに効果があるといえるでしょう。

性欲の高まりに期待して媚薬を使ってみたいのであれば、「エストロゲン」と「テストステロン」の分泌を促す成分が配合されているものを選ぶことが大切です。

性ホルモンの分泌には規則正しい生活や適度な運動を前提とし、その上でバランス良く必須アミノ酸を摂り入れることが重要です。

なお、「マカ」は性ホルモンの原料となるアルギニンだけでなく、豊富な必須アミノ酸を含んでいます。

媚薬を選ぶ際には、困ったらマカが使われているものを選ぶと良いでしょう。

媚薬は主に4種類のタイプが存在

4種類を表現する画像

媚薬にはどのようなタイプがあり、どれを選べば良いのかよくわからないですよね。

よく使われている媚薬のタイプとそれぞれのタイプについて説明していきます。

スポイト式

媚薬成分が詰まった液体をスポイト状の容器で吸い出し、飲み物やお酒に混ぜて使います。使用感や持ち運びの面で人気が高く、数多く使用されている媚薬のタイプです。

クリーム式

女性の弱い部分に塗布しながら使用するクリーム式は、カップル人気が高く、前戯による効果を引き上げられます。精神的な効果よりも、身体的快感に繋がる効果があるでしょう。

タブレット式

サプリメントのようになっているタブレット式は、食品などに混ぜにくく、薬が苦手だと辛いものがあるため、人を選びます。

スポイト式が出てくるまでは主流でしたが、今ではあまり利用されないタイプといえるでしょう。

カプセル式

これもタブレット式と同様の理由で人を選びます。

カプセルの中身を取り出せば、食品と混ぜることも可能ですが、手間が掛かってしまいます。

媚薬には4つのタイプがありますが、場面によって使い分ける必要があります。

食事中であればスポイト式がおすすめであり、セックス中はクリーム式がおすすめだといるでしょう。

「成分」と「違法性」に注意して購入しよう

毒

媚薬を購入する際、効果がありそうかを見る必要はありますが、成分も見ないといけません。

媚薬は輸入品が多く、海外では認められていても、日本では認められない成分もあります。

特に「INVERMA」や「スパニッシュフライ」が使われているものは、絶対に購入してはなりません。

スパニッシュフライは、猛毒成分である「カンタリジン」が含まれています。個人での購入は違法になってしまい、関税の関係で手元に届くことはありません。

媚薬を購入する際は、成分にも注意するようにしましょう。

媚薬を買うのに抵抗がある人におすすめ!媚薬効果のある食材5選

性欲の高まりにはホルモンバランスが重要ですが、雰囲気や食事の時間も重要というのはご存知でしょうか。

お酒が女性を開放的にするのも、その1つといえるでしょう。

雰囲気が良いお店のディナーは、女性のテンションを引き上げ、性的な気分を盛り上げてくれます。

食事において、媚薬効果のある食べ物やドリンクを利用することで、その一役を担ってくれるでしょう。

媚薬効果のある食材にはどのようなものがあるか紹介していきます。

ハチミツ

はちみつ

ハチミツに含まれる「アセチルコリン」には、精神を安定させる効果があり、深く感じやすい身体にしてくれます。

ハチミツをアルコールに混ぜて飲むことにより、身体が温まり、女性をより淫靡な気持ちにさせてくれるでしょう。

トウガラシ

唐辛子

トウガラシは辛み成分である「カプサイシン」が有名ですが、このカプサイシンにより、脳内麻薬でもある「エンドルフィン」が分泌されます。

エンドルフィンは、快感や陶酔感をもたらす効果もあるので、媚薬に似た効果を得られるといわれています。

牡蠣

牡蠣

牡蠣には、男性の生殖機能を促す亜鉛が豊富なことで有名です。

牡蠣には亜鉛だけではなく、特殊なアミノ酸が豊富に含まれており、この特殊なアミノ酸は性欲を高める効果があるといわれています。

牡蠣の効果を存分に活かすのであれば、生牡蠣を食べるようにしましょう。

コーヒー

コーヒー

コーヒーに含まれる「カフェイン」には、覚醒・興奮作用がよく知られていますが、マウス試験によると女性の性欲向上に期待できる効果も出ています。

食後にコーヒーを飲むようにすれば、媚薬のような効果が得られるかもしれません。

チョコレート

チョコレート

チョコレートを食べると、恋をすることにより分泌される「フェニルエチルアミン」の分泌が盛んになります。

フェニルエチルアミンは脳内麻薬のドーパミンの分泌を促し、快楽と多幸感を与えてくれるので、媚薬によく似た効果があるのです。

まとめ

媚薬は女性の性欲を急激に高める効果はなく、女性のホルモンバランスを調整するサプリメントのようなものだといえます。

オーガズムに達せない、というのは男性側のテクニックだけでなく女性側の事情もありますので、媚薬を利用するのも1つの方法でしょう。

女性とのセックスをより良くしたいと考えている人は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事