プリズマホルモン軟膏とは?成分・使用方法・口コミ・体験談を解説
α-BULL(アルファブル)広告_目次下_600_400_ver2

プリズマホルモン軟膏は第一類医薬品の精力剤

プリズマホルモン軟膏の製品画像

精力剤には、

  • 第二類医薬品
  • 第三類医薬品
  • 医薬部外品

などが多いです。
しかし、原沢製薬のホルモン剤であるプリズマホルモン軟膏は、第一類医薬品となります。
第一類医薬品の精力剤は非常に珍しいです。
したがって、購入するためには、薬剤師の同意が必要です。

精力剤の多くは、飲むタイプの精力剤です。
しかし、プリズマホルモンは、軟膏タイプの精力剤となります。

プリズマホルモン軟膏の内容量は、10gとなります。
1回当たり約0.1gを使用するので、100日も使用できます

また、プリズマホルモン軟膏は、男性ホルモンの分泌不足によって起きる

の各症状に対して、治療を目的としてつくられた医薬品です。

プリズマホルモン軟膏の有効成分

男性ホルモンは、主に睾丸の間質細胞から分泌されています
加齢と共に睾丸の機能が衰え、体内の男性ホルモンが不足していきます。
プリズマホルモン軟膏は、

を主成分としています。
滋養強壮と胃腸機能を高めることにより、滋養強壮効果を向上させる多種類の生薬が配合されています

主に期待できる効果として、

  • 神経衰弱諸症
  • 男性更年期諸症
  • 男性老衰現象の予防及び快復
  • 恥部無毛症

などがあります。

プリズマホルモン軟膏は、特に高齢化による性生活の質の低下に対して働きかけます。
男性は、更年期障害とは無縁だと考える人が多いです。
しかし、実際は、女性より症状の出方が緩やかなので、気づきにくいだけです。
また、精力が減退していくのも、更年期障害の一種となります。

プリズマホルモン軟膏の使い方(使用方法)

軟膏を指で塗る画像

プリズマホルモン軟膏の使用方法は非常に簡単です。

使用する際は、1回約0.1gを手に取ってマッサージするように塗り込むだけでOKです
また、使用頻度としては、1日1~2回を目安に使用してください。

使用する際の注意点として、シャワー後などの清潔な時に使用するようにしましょう。
また、水で濡れていると成分が薄まるため、水分を取ってから使用すると良いです。

プリズマホルモンの価格(料金)

おしりのポケットから財布が飛び出ている画像

プリズマホルモンは、ネット通販でのみ販売されています
主な出品場所としては、

  • 楽天市場
  • Amazon
  • ヤフーショッピング

などがあります。
販売価格は、2,000円前後に設定されています。
他の増大クリームと比較すると、比較的安価に設定されていることが分かります。
また、1日1回の使用で、約100日間使用出来るので、1日当たりの値段は20円となっています。

プリズマホルモン軟膏の口コミ・評判・体験談

指で評価の星を指している画像

プリズマホルモン軟膏の口コミ・評判・体験談について紹介します。
ネットでは様々な口コミが寄せられていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

医薬品との違いを感じる

プリズマホルモン軟膏は第一類医薬品です。
医薬品の中でも特に作用が高いことから、「健康食品とは違う」という口コミが寄せられています。

健康食品は、経口タイプがほとんどです。
目安量を守って飲用している分にはリスクがありません。
医薬品は副作用のリスクがありますが、だからこそ効くという強みがあります。

副作用が皆無であっても、実感できなければ意味はありません
大切なのは男としての自信を取り戻すことです。

更年期障害対策に良い

ホルモンバランスの崩れが原因で、更年期障害を引き起こすのは男性も女性も変わりません。
プリズマホルモン軟膏は、手軽に男性ホルモンの補給が出来ます
したがって、「更年期障害対策に役立つ」との口コミが見られます。

実感するまでの期間

第一類医薬品ではありますが、即効性がある訳ではないです。
精力減退を解消するのは、体質を変えるということです。
肥満やAGAなどの症状は、医薬品を服用しても改善に時間がかかります。
そして、精力減退にも同様のことが言えます。

プリズマホルモン軟膏においては「1ヶ月ほど継続して使用したら実感できた」という口コミがあります。
プリズマホルモン軟膏の用法・用量は、1回につき0.1gを1日1~2塗布するとあります。
使用回数が1回か2回かによって効果を得られるまでの期間は変わります

また、精力減退の症状の度合いによって、効果を実感できるまでの期間が変わります。
精力減退が重度の人は、効果が出るまで時間がかかると考えられます。
一方で、極めて軽度の症状の人は、効果が発現していても気づけないという人がいます

飲むタイプと比較

軟膏であるプリズマホルモンは、皮膚の薄い部分を選んで塗り込みます。
皮膚が薄ければ、吸収がスムーズになるためです。

精力剤として活用するなら、亀頭部や陰嚢に直接塗りましょう
ただし、飲むタイプの精力剤と比較した場合は、実感度が劣るという口コミが見られます。

飲むタイプの精力剤は、体内から働きかけます。
したがって、より体質改善に適しています。
しかし、副作用が強くなる傾向があります。
安全性においては、軟膏のほうが勝っているという意見が見られます。

パートナーを満足させられた

精力剤に関心を示す男性には、「パートナーがセックスを避けるようになったことで精力剤の使用を決めた」と答えている人が多いです。
例えば、男性機能が低下し、十分に勃起しない場合、女性は快感を得られません。
したがって、勃起力が足りないことで、女性から敬遠されてしまいます

プリズマホルモン軟膏を使用した男性からは、

  • パートナーと夜の生活がうまくいくようになった
  • 彼女から求められることが増えた

などの体験談が書きこまれています。

まとめ

英語の書かれた日記とペンの画像

プリズマホルモン軟膏は、塗るタイプのペニス増大クリームです。
精力剤としては珍しい、第一級医薬品に指定されています。

配合されている主な成分は、

となります。
期待できる効果としては、

  • 神経衰弱諸症
  • 男性更年期諸症
  • 男性老衰現象の予防及び快復
  • 恥部無毛症

などがあります。

使用方法は至ってシンプルです。
プリズマホルモン軟膏を約0.1g手に取り、局部にマッサージするように塗り込むだけです。
1日1~2回を目安に使用するようにしましょう。

販売価格は、約2,000円前後となります。
販売サイトによって、設定価格がバラついているため、納得する価格のサイトで購入しましょう。

また、内容量は10gです。
したがって、1日1回の服用と考えると、約100日間使用することが出来ます
他の増大クリームと比較しても、非常に安目の価格設定であると言えます。
気になる方は、ぜひ試してみてください。

おすすめの記事