勃起力アップ画像

精力剤が勃起に良いのは知ってはいても、どの精力剤を選んだら良いのだろうと悩むことがあります。

せっかく精力剤を飲んでも、残念ながら悩みの種類によってはあまり意味のないもの存在します。

この記事では「勃起に良い成分を知りたい」「勃起に良い精力剤を知りたい」そんな方に向けた、用途別のおすすめ成分や薬局や通販で購入できる精力剤を紹介しています。

この記事を参考に、あなたにぴったりの精力剤を探してみてください。

勃ちが悪い・中折れ・持続しないなど勃起に関する悩みの原因

性交時に満足な勃起が得られないことをED(Erectile Dysfunction)といいます。

EDは勃起できない状態だけを指すのではなく、性交時に勃ちが悪い・中折れ・持続しないなどの全てのケースでEDである場合があります。

EDの原因はさまざまですが、主に動脈硬化によるものと心因性のものがあります。

そもそも、勃起は陰茎に血液が流入して起こります。

加齢による動脈硬化で血流が悪くなれば陰茎の血液流入量が減り、勃起しづらくなります。

心因性EDの場合、パートナーとの関係以外にも幼少期のトラウマなどで引き起こされることもあります。

用途別のおすすめ成分

勃起力アップ画像

精力剤にはさまざまな成分が含まれており、成分ごとに期待できる効果が異なります。

それでは、代表的な3つの場合に分けて適した成分を紹介します。

ムラムラするのに勃起しない場合

ムラムラするのに勃起しない場合は、アルギニンが不足している可能性が高いです。

アルギニンには血管を拡張させ勃起を促す効果があります。

アルギニンは人の生体内でも作られるため、非必須アミノ酸となりますが年齢を重ねるにつれて作られる量が減少してします。

ムラムラするのに勃起しない人は、アルギニンが多く含まれている精力剤を選択しましょう。

途中で萎える・中折れする場合テストステロン

この場合は、アルギニン不足かテストステロンのレベルが低い可能性があります。

テストステロンとはいわゆる男性ホルモンのことです。

テストホルモンには男性を成長させる働きや性欲・精衝動を亢進させる働きを持っています。

テストステロンは主に睾丸で作られますが、通常加齢とともに睾丸の機能も衰え、テストステロンの作られる量も減っていきます。

途中で萎える・中折れする場合は、先ほどのアルギニンに加えてテストステロンの多く含まれている精力剤がおすすめです。

やる気が起きない・精欲が沸かない場合

やる気が起きない・精欲が沸かない場合は、日ごろの疲れや寝不足が原因のことが多いです。

そのような人は、アルギニン不足が起きている可能性も高く、テストステロンのレベルが低いことも多々あります。

忙しくて十分な睡眠をとることができないという方は、精力剤で補完しましょう。

やる気が起きない・精欲が沸かない人には、こちらの記事もおすすめです。

勃起力をアップさせる精力剤を使う際の注意点

勃起力をアップさせる精力剤にはさまざまな種類があり、その中には誰しもが気軽に使うことのできないものがあります。

バイアグラに代表されるPDE5阻害薬がその例です。

PDE5阻害薬は正確には精力剤ではありませんが、この記事での精力剤は勃起を促すものとして定義し、取り上げさせていただきます。

血管系の疾患がある人は注意が必要

サプリメント画像

ED治療の第一選択薬であるPDE5阻害薬は、血管拡張作用により陰茎の血流を改善させて勃起力をアップさせる薬です。

このPDE5阻害薬は、心筋梗塞などの血管系の疾患を持っている人の場合、使用が禁忌となる可能性が高いです。

心筋梗塞などの虚血性心疾患(心臓に酸素や栄養を届けている冠動脈が細くなったり詰まったりする病気)の患者は、血圧を下げるために硝酸薬を頻繁に使用します。

ただし、PDE5阻害薬と硝酸薬を同時に使用するとその効果が増強し、過度に血圧を下げてしまうため、硝酸薬を使用している方はPDE5阻害薬を使用できません。

副作用を理解しておく

薬の副作用のイラスト

PDE5阻害薬以外の精力剤でも、服用することで副作用が出る場合があります。

また、PDE5阻害薬のように他の物質と組み合わせることで副作用が出てしまう場合もあります。

精力剤を使用して副作用が出てしまう前に、自らが使う精力剤の成分がどのようなものかしっかり調べてから使用しましょう。

もし副作用が出てしまったら、すぐに使用を中断し、医師に相談してください。

勃起しない・勃ちが悪い人におすすめの精力剤

最後に勃起しない。・勃ちが悪い人に向けて薬局や通販で購入できる精力剤を紹介していきます。

何度も繰り返しますがご自身の用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

ヴィトックスα(サプリ)

ヴィトックス価格画像

サプリからおすすめしたいのが株式会社KDRが販売するヴィトックスαです。

精力剤サプリの中でNo.1の売上を誇り、

などの精力増強成分を高配合しています。

実際に服用している方からの満足度も非常に高く、ユーザー調査ではメンズサプリ部門で10冠を獲得するほどの評価を獲得しています。

サプリは医薬品や医薬部外品と比べて数が多いので、どれを選べばいいかわからないという方には、まずは実績No.1のヴィトックスαをおすすめします。

ヴィトックスα公式サイト

「公式サイトでの価格」
ヴィトックスα

トノス

男性ホルモン軟膏剤トノス

1964年に発売されたロングセラー薬剤のトノスは、早漏防止や男性ホルモンの低下に伴う精機能の低下を改善するために開発された軟膏剤です。

麻痺効果を持ち、亀頭にすり込むことで感覚を麻痺させて持続時間を長くする効果が期待されます。

また、男性ホルモン低下によって起こる精力減退や勃起力の低下に対し、症状の改善を目的にテストステロンを補充します。

さらに薬のアレルギーを起こさないように抗ヒスタミン成分を配合しています。

ただし、前立腺腫瘍のある人、排尿困難を伴う前立腺肥大がある人、睡眠時無呼吸症候群の人などは使用できませんのでご注意ください。

トノスは薬局でお買い求めできます。

公式サイトの販売価格
トノス4,500円(税別)
※メーカー小売希望価格

プリズマホルモン軟膏

プリズマホルモン軟膏

男性ホルモンの不足によってもたらされる勃起力の低下や精欲減退や男性の更年期障害には、プリズマホルモン軟膏がおすすめです。

プリズマホルモン軟膏は亀頭や陰嚢などにすり込んで使用します。

トノスも同様ですが、患部に直接塗布する軟膏薬の利点として、薬の分解や吸収をする肝臓や腎臓に負担がないことが挙げられます。

トノス同様、前立腺腫瘍のある人、排尿困難を伴う前立腺肥大がある人、睡眠時無呼吸症候群の人などは使用できません。

プリズマホルモン軟膏も薬局でお買い求めできます。

公式サイトの販売価格
プリズマホルモン軟膏check!Amazon:3,300円

金蛇精

金蛇精画像

金蛇精は加齢とともに減少するテストステロンとともに体力を向上させるための動物性・植物性生薬、種々のビタミン類を配合した滋養強壮薬です。

精力減退、性欲欠乏、勃起力低下に効果を発揮するほか、視力や記憶力を向上させる目的でつくられた医薬品です。

金蛇性は通販でお買い求めできます。

公式サイトの販売価格
金蛇精

強力バロネス

強力バロネス

強力バロネスも男性ホルモンの減少からくる勃起力減退や性欲の欠乏の改善を目的に作られた医薬品です。

この薬にはテストステロンのほか強壮生薬のニンジンやイカリソウに加え、代謝に重要なビタミンB1、B2などが配合されています。

強力バロネスは、通販でもお買い求めできます。

公式サイトの販売価格
強力バロネス2,160円(税込)
※メーカー小売希望価格
check!Amazon:10ml:1,923円

まとめ

今回の記事では、勃起に良い成分やおすすめの精力剤について紹介させていただきました。

同じ精力剤でも軟膏という形で使用するものや経口で服用するものなど、さまざまな種類があります。

また、成分によって効能も異なります。

この記事を参考に、精力剤の成分について理解し、副作用に気をつけながらご自身に合った精力剤を見つけてください。

おすすめの記事