遅漏の原因と改善方法!なかなか逝けない男性の悩みを解決します

セックスですぐに逝ってしまう早漏で悩んでいる男性がいるように、セックスでなかなか逝けない遅漏で悩んでいる男性もいます。

遅漏になる原因はいくつか考えられ、原因によって対処方法が異なってきます。

そして、遅漏は男性側だけの問題ではありません。

相手となる女性にも、数々の問題を引き起こしてしまうのです。

遅漏が原因でパートナーとの関係が悪化することも十分考えられるので、一刻でも早い改善が必要となります。

遅漏になる原因を考えながら、遅漏によって起こる女性側の問題や、遅漏を改善する対処法について解説します

イクまでに時間がかかる遅漏の原因は?

疑問を浮かべる男性

遅漏とは、性的快感がなかなか得られずに、射精までに時間がかかる現象のことです。

射精までに30分以上かかると遅漏だと判断されます。

早漏で悩む人の話はよく聞きますが、実は遅漏で悩む人の方が多く存在します。

不妊に悩む射精障害患者さんのうち、早漏で悩んでいる人は全体の9%であるのに対して、遅漏で悩んでいる人は53%にも及びます。(2014年獨協医科大学埼玉医療センター受診者データ調べ)

遅漏になる原因は4種類あります。

  1. オナニーの仕方に問題がある
  2. オナニーの頻度が多すぎる
  3. 精神的原因
  4. 肉低的原因

それぞれについて詳しく解説します。

オナニーの仕方に問題がある

オナニーする男性

遅漏の原因の中でもっとも多いのが、オナニーの仕方に問題があるケースです。

  • 力強くペニスを握ったオナニー
  • 布団・マットレスにペニスを押し付けて圧迫しながら刺激する床オナニー
  • 足全体をピンと伸ばしながら刺激する足ピンオナニー

などは、どれもがセックスでの膣内の刺激よりも強いものとなります。

刺激の強いオナニーに慣れると、膣内で受ける刺激では物足りなくなってしまい、イクまでに時間がかかる遅漏へと繋がってしまいます。

本番の然るべきタイミングできちんと射精できるためにも、日常のオナニーで強い刺激を与えすぎないように注意することが大切です。

オナニー(自慰)の頻度が多すぎる

ハンドパワーを送る男性

オナニーの頻度が多すぎることも、遅漏を引き起こす原因の一つと考えられます。

確かに、ある程度の射精は男性の健康状態を保つために必要です。

しかし、毎日2、3回オナニーするといったように頻度が多すぎると、セックスでの刺激では性的快感を得られにくくなり、結果として遅漏になってしまうことが考えられます。

セックスをすると事前に分かっている日があるなら、2、3日前からオナニーを我慢して本番に備えるといった対策をしてあげると効果的です。

精神的原因

ハートが傷ついて絆創膏を貼る(精神的ダメージ・心理的ダメージ)

日々の疲労やストレス、パートナーとの関係など精神的な原因で遅漏になってしまうことがあります。

射精は精神的にリラックスすることが大切なので、何か心に問題を抱えていると、射精することが難しくなってしまいます。

精神的な原因に心当たりがあるなら、まずはその問題を解決することからはじめましょう。

肉体的原因

肥満男性(デブ・太い)

遅漏は精神的原因だけではなく、肉体的原因によっても引き起こされます。

例えば、加齢による体力・精力の低下や体調不良、肥満などです。

射精するためにはそれなりの体力・精力が必要となるので肉体的に良好な状態でないと、射精するまでに時間がかかってしまいます。

体力・精力の低下は男性の誰もが通る道なので、日頃からトレーニングをしておくといった対策で解決できます。

薬剤性EDの可能性も

また、薬を服用している場合も、服用している薬の副作用によって遅漏になることがあります。

処方されている薬が原因かもしれない時は、担当の医師に相談して対処法をアドバイスしてもらいましょう。

副作用が出にくい薬に変えてもらったり、飲み合わせを考えて精力剤となる新しい薬を教えてもらえたりします。

遅漏は男性だけの問題ではない!

不仲なカップルの男女(喧嘩)

遅漏の悩みを持つのは男性です。

しかし、遅漏は男性だけの問題ではなく、パートナーの女性にも影響を及ぼします。

男性が挿入してもなかなか射精できない遅漏だと、満足に子作りできず、パートナーの女性が不妊になる可能性があります。

また、遅漏の男性は、イクまでに精神的なプレッシャーを感じるとますますイケなくなるので、女性側もプレッシャーを与えないよう気遣いしてしまいます。

さらに、挿入時間が長すぎると膣が乾いてきて痛くなってしまうなど、女性の身体に負担をかけてしまう場合もあります。

また、男性がなかなかイケないと、「自分に魅力がないから」と考える女性もいます。

そうなるとパートナーとの関係も悪化してしまい、2人の生活に亀裂が入ることも考えられます。

遅漏は男性だけではなく、パートナーの女性にとっても重要な問題です。

正しい対処法で、早急に改善することが求められます。

遅漏は自分で改善できる!今から試せる対処法

筋肉アピールする腕

自分のため、そしてパートナーの女性のためにも、遅漏は早急に改善する必要があります。

それでは、遅漏を改善するためにはどのような対処法を実践すればいいのでしょうか?

今日から実践できる遅漏の対処方法6種類を紹介します。

  1. オナニーの方法を変える
  2. オナニーの頻度を減らす
  3. 女性とセックスする機会を作る
  4. セックス前に性欲を高めるムードを出す
  5. 生活習慣を見直す
  6. 医師に相談

それぞれについて詳しく解説します。

オナニーの方法を変える

自分の日頃のオナニーの方法を見直す必要があります。

遅漏は薬による解決が出来ません。

床オナニーなど刺激が強すぎる不適切なオナニーを辞めることがもっとも現実的な対処法です。

ペニスを握る力加減や、オナニーの体制などを一度見直してみましょう。

適切な刺激を自分で判断するのが難しい場合は、TENGAなどのオナホールを活用するもの効果的です。

check!【風俗用語】オナホールとは?種類や使い方を分かりやすく解説

オナニーの頻度を減らす

オナニーの方法を見直すのと並行して、オナニーの頻度についても改善する必要があります。

毎日のように複数回オナニーしていないか、セックス前にオナニーしていないかどうか見直します。

もし、頻度が多すぎるようなら減らすように心がけます。

セックスする日が事前に特定できそうなら、その日の2、3日前からオナニーを控えておくようにしましょう。

女性とセックスする機会を作る

遅漏の男性は、セックスでイケないことがコンプレックスとなり、女性とのセックスへ消極的になる傾向があります。

遅漏はセックスでの問題なので、女性とのセックスによって解決策が見出されるものです。

セックスすることを億劫に思わず、積極的に女性とセックスする機会を作りましょう。

不特定多数の女性とセックスすることは世間的にあまりよくありませんが、セックスに新鮮さを求めることは大切です。

相手となる女性がいるときは、普段と違うプレイを取り入れてみたり、家ではなく高級感のあるホテルに誘ってみたりと、工夫する余地はいくらであります。

セフレを見つけるためにはマッチングアプリを活用するとすぐに見つけることが出来ます。

セックス前に性欲を高めるムードを出す

性的興奮の高まりが射精へとつながるので、セックスの前に、性欲を高まるムードを出すことも効果的です。

挿入前に女性に前戯をしてもらったり、コスプレでのセックスを試してみたりと、性欲が高まるような雰囲気作りが大切です。

ただし、このとき自分本位にならずに、女性への愛撫も忘れてはいけません。

女性が感じている表情や仕草、匂いなども性的な興奮を高めてくれます。

また、挿入することを焦らず、前戯や愛撫はゆっくりと行いましょう。

リラックスして、決して焦らず、五感を研ぎ澄ませながら、ゆっくりと段階を踏んで挿入へと進んでいきましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣の乱れは、「性」活習慣の乱れに繋がります。

生活習慣の中で遅漏の原因はないか、今一度見直す必要があります。

疲労やストレスによる精神的原因が考えられる時は、気分をリフレッシュできる方法を探したり、ストレスが解消できるような娯楽を見つけたりすると良いです。

また、パートナーとの関係性に問題があるのなら、お互いに歩み寄って理解し合えるように努めます。

肩肘が張る話し合いをしようとすると逆にプレッシャーとなって、遅漏がひどくなってしまうかもしれないので、和やかな雰囲気での話し合いが理想です。

加齢による体力の低下や体調不良、肥満などの肉体的原因が考えられる場合は、しっかりと休息や睡眠を取ることが、解決策の一つとなるでしょう。

肉体的な原因で悩んでいる人の多くは、運動の習慣がない場合が多いです。

20分程度のウォーキングやランニング、ストレッチ、筋トレなどを生活習慣に取り入れることも、肉体的原因を解決する一助となるでしょう。

改善しない場合は医師に相談しよう

以上の対処法でも改善される兆しがなければ、一度専門の医師に相談するのが一番良いです。

医学的な観点から原因の追究や対処法など、ためになるアドバイスを受けることが出来ます。

また、遅漏はパートナーを含めて身近な人に相談しにくいデリケートな問題であり、本音で話すことが難しいです。

相談できる医師がいるだけで、精神的な負担を軽減することが出来るため、遅漏改善に繋がります。

改善の見込みがない場合は、一人で抱え込みすぎずに、医師に相談して、専門的なアドバイスを貰うようにしましょう。

まとめ

今回は、男性のセックスでの悩みで多い遅漏についてご紹介しました。

遅漏は男性だけではなく、女性にとっても重大な問題であることはしっかり認識しておかなければいけません。

遅漏の悩みをおもちの男性は、オナニーの仕方や頻度、生活習慣などをあらためて見直してみましょう。

また、遅漏の問題はすぐに解決するものではなく、時間をかけて改善に向かっていきます。

すぐに改善されないことに決して焦らず、パートナーの協力を得ながらゆっくりと改善していきましょう。

イケなくて焦る気持ちが、遅漏をより悪化させることに繋がってしまいます。

女性とのセックスを楽しもうとする気持ちを忘れずに、パートナーと二人三脚で治していく意識を大切にして下さい。

おすすめの記事