妊活におすすめ!「精子チェック」のメリットと方法について

妊活は男性と女性両方が取り組むことが成功のカギですが、男性側が妊活にあたってぜひ行っておきたいこととして、「精子チェック」があります。

精子チェックは、精子の状態が妊娠しやすいかどうかを確認するものです。

この記事では、妊活における精子チェックの重要性とやり方、精子の質を改善する方法を紹介します。

精子の質を見る「精子チェック」の必要性

精子チェックとは、精液の量や精子の濃度、精子の形態や運動の質を確認する検査のことです。

妊活を行うにあたってなぜ精子チェックが必要なのか、その理由を2つ紹介します。

不妊の原因特定に繋がる

不仲なカップルの男女(喧嘩)

不妊の原因は男性側にある場合と女性側にある場合、そして両者にある場合の3通りが考えられ、男性因子(男性側に原因がある)は不妊症の原因の3~4割を占めるとされています。

つまり、不妊でお悩みの場合に男性の精子がどれだけ妊娠しやすいかどうかをチェックすることで、男性因子の不妊であるかどうかを特定することができるのです。

将来、子供が欲しい場合の問題の早期発見ができる

ベッドの横で対面騎乗位する男女カップル(セックス)

男性の精子の質というのは、生活習慣などによって改善することができるものです。

そのため、今すぐ妊活を行うという訳ではなくても、精子チェックをやっておくことで将来的な妊活において男性の精子の状態が不妊の原因になり得るかどうかを早期発見し、対策を立てることができます。

以上の2つの理由から、妊活に臨むにあたって、精子チェックは必ずやっておくべきといえるでしょう。

精子チェックの方法

精子チェックを行う方法、主に2通りあります。

一つずつ紹介していきます。

泌尿器科などで検査する

美人すぎるタイ人女医

精子チェックは泌尿器科で受けることができます。

泌尿器科で精子チェックを受ける際には事前の準備として2日~7日間射精しない期間を設け、マスターベーションによって精液を全量採取し、検査を行います。

射精は病院で行うのが最も望ましいですが、20~30℃に保つことができるのであれば、自宅で採取して2時間以内のものを病院に持ち込み、検査してもらうということも可能です。

精子チェックキットなどを取り寄せる

スマホで簡単な精子チェックキット

精子チェックを自宅で行える検査キットも存在します。

精液を自宅で採取して郵送すれば、精液の液体成分である精漿から精液成分の測定し、数週間後に結果とアドバイスをもらえるサービスがあります。

検査項目で料金は変わりますが、3000~5000円程度で利用することができます。

また、最近ではより簡易的な方法として、スマホのアプリとカメラを活用して精液の動画を撮影し、精液の濃度と運動率を検査できるセルフチェックキットも登場しています。

セルフチェックキットはわずか1分程度で検査結果を確認することができ、価格は4000円ほどです。

泌尿器科での検査に比べると、いずれの方法も簡易的な検査にはなりますが、自宅で手軽に検査を行いたい方には精子チェックキットの利用はおすすめです。

精子の質を維持するために避けたい生活習慣

検査の結果、精子の量が少なかった方も落ち込むのは早計です。

精子の状態は、生活習慣や健康状態に左右されるため、改善の余地があるためです。

ここからは精子の質を正常にするために避けるべき生活習慣について紹介します。

喫煙

喫煙と飲酒するサラリーマン男性

喫煙は精子の質を低下させる原因となります。

精子の数や運動率が低下し、また妊娠しづらくなる要因であるDNA損傷にも繋がります。

妊活を行うのであれば、喫煙は控えるようにしましょう。

サウナや熱いお風呂に長時間入る

サウナでくつろぐ男性

精子を作る精巣は熱に弱く、温度が上がると作り出す精子の質が悪くなってしまいます。

具体的には35℃程度が適温とされ、35度以上温度が上がることはなるべく避ける必要があります。

そのため、妊活中はサウナや熱いお風呂に長時間入ることは避けましょう。

その他、蒸れやすいタイトな下着や、ピチッとしたスキニーパンツなども熱がこもり、精巣にダメージがいってしまうためNGです。

なお、すでに熱によって精子の質が低下してしまっている場合には、正常に戻るまで5〜6週間程度かかるとされます。

ストレス

倦怠感、疲労感を感じる中年男性

ストレスが溜まることも精子の質の低下につながります。

仕事のプレッシャーや人間関係など、普段からストレスが溜まりがちな人は、うまくガス抜きをする工夫が必要になるでしょう

長期間のオナ禁

男性バツポーズ

精子は体内で3日程度しか生存することができず、射精によって体外に放出されなかった精子は死滅精子となってしまいます。

死滅精子からは活性酸素が発生し、新鮮な精子に悪影響を及ぼすため、オナ禁は結果的に精子の質を低下させることに繋がるのです。

少なくとも3日に1回以上はオナニーをするようにしてください。

まとめ

妊活における精子チェックの重要性について解説しました。

実は不妊における男性因子は3~4割にも上るため、不妊の原因を明らかにするためには、精子チェックは必要不可欠なものなのです。

また、精子の状態は生活習慣等によって大きく変わるため、精子チェックで悪いスコアが出てしまった方は、この記事で紹介した改善方法を試してみてください。

おすすめの記事