オナ禁は勃起力を高めるってホント?理由やオナ禁に有効な方法を解説
α-BULL(アルファブル)広告_目次下_600_400_ver2

オナ禁とは?

股間を抑えている男性

オナ禁とは、オナニー(マスターベーション)を行わないことです。

具体的には、セックスによる射精も含め、一定期間の射精を意図的に行わないことを指します。
オナ禁をするということは、性的興奮を感じても、射精することを我慢する必要があります。

10代や20代のような若い世代にとって、オナ禁をするということは難しいことです。
しかし、30代や40代にもなると、若い時に比べて我慢できるようになります。

オナ禁を一定期間継続することで、ペニスを大きくすることが出来ると言われています。
オナ禁がペニス増大に繋がる理由や、オナ禁をする時のポイントなどについて詳しく解説します。

オナ禁がペニスを大きくする理由

巨根の画像

脳が興奮を感知すると、ペニスの海綿体という部分に血液が送り込まれ、海綿体が膨らみます。
海綿体が膨らむことで、ペニスが勃起状態となります。

勃起しないことが続くと、海綿体の柔軟性が失われ、勃起力が低下します。
勃起力を高めるためには、日々の勃起が大切になります。

オナ禁をすることで、興奮状態になりやすくなります
例えば、お腹がすいている時に食べ物を見ると、より一層食べたいという気持ちになります。

したがって、オナニーを我慢することで、普段に比べてより興奮状態になりやすくなります
そして、脳が興奮状態を感知し、勃起します。

オナ禁をすることで、勃起の回数が増え、海綿体をより柔軟にすることが出来ます
結果的に、勃起力の向上に繋がります

オナ禁をする時ために有効な方法

電球が書かれたメモ用紙

オナ禁をする時ために有効な方法を解説します。
オナ禁をすることは簡単なことではありません。

オナ禁は、どのようにして性欲に耐えるかがポイントとなります。
ぜひオナ禁をする際の参考にしてみて下さい。

オナ禁をする時のポイント
  • 運動する
  • オナニーの失敗経験を作る
  • 1人でいない

運動する

運動をすることで、オナニーをしたいという気持ちを忘れることが出来ます
筋トレやランニングなどで汗をかくことによって、気持ちをリフレッシュすることが出来ます。

また、運動をすることによって、身体が疲労し、オナニーをしたいという気力自体もなくなります。
したがって、運動することで、オナニーをしたいという気持ちを抑えることが出来ます。

オナニーの失敗経験を作る

どうしてもオナニーをしたいと思う方は、オナニーでの失敗経験を作ると良いです。
失敗経験を作ることで、オナニーに対して嫌な気持ちになることが出来ます

そして、興奮状態になった時に、嫌な経験を思い出し、正気に戻ることが出来ます
オナ禁をするためには、興奮状態をいかに冷ますかが重要になります。

1人でいない

オナニーをする時は、1人でいることがほとんどです。
友人や他人がいる場所でオナニーをすることは、そうそうありません。

したがって、1人でいる時間を減らすことで、オナニーが出来るタイミングを減らすことが出来ます
また、自分を興奮状態にさせる要因を減らすことも大切です。

1人の時に興奮してしまうと、止めてくれる人はいません。
したがって、興奮してしまうようなAVなどは、手の届かないところにしまっておきましょう。

まとめ

英語の書かれた日記とペンの画像

ペニスは、勃起することで海綿体の柔軟性を向上させることが出来ます
海綿体の柔軟性が向上することで、勃起力が向上します。

オナ禁をして、性欲を我慢することで、脳が興奮に敏感になり、勃起しやすくなります。
勃起の回数を増やすことで、海綿体の柔軟性が向上し、勃起力を向上することが出来ます。

したがって、オナ禁をすることによって、ペニスを大きくすることが出来ます

しかし、オナ禁は自分に勝つことが出来なければ、非常に難しいことです。

  • 運動する
  • オナニーの失敗経験を作る
  • 1人でいない

などの対策を取ることで、オナ禁を継続しやすくなります。

ぜひオナ禁をしてペニス増大を目指してみましょう。

おすすめの記事