勃起に大切な「一酸化窒素」とは?主な働きや増やし方を解説

あまり聞き慣れない単語かとは思いますが、勃起力を維持するためには体内の「一酸化窒素(NO)」を増やすことが重要とされています。

この記事では、一酸化窒素が体内で果たす役割、一酸化窒素と勃起との関係、一酸化窒素を増やす方法を解説します。

一酸化窒素は血管を拡張する働きがある物質

一酸化窒素とは、血管内部に働きかけ、血管の柔軟性を高めて拡張する役割を果たすものです。

血管は外側から

  1. 血管外膜
  2. 血管中膜
  3. 平滑筋
  4. 血管内膜

という4層の構造になっています。

血管内膜はさらに「内皮下組織」「内皮細胞」から構成されています。

そして、一酸化窒素は血管内の平滑筋に作用して弛緩させ、血管を広げることで柔軟性を保つ働きをする物質です。

一酸化窒素は血流が速くなると内皮細胞によって産生されますが、内皮細胞の機能が何らかの原因で衰えると、血管が柔軟性を保てなくなっていってしまいます。

つまり、血管の健康を維持するためには一酸化窒素をしっかりと産生できるようにする必要があるということです。

主に脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化を防ぐ上で注目される

心臓をおさえるスーツの男性

内皮細胞の機能低下によって一酸化窒素の産生が減り、血管が柔軟性を失うとどうなるでしょうか。

代表的なトラブルとしては、脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化といった、重篤な血管系の疾患を発症しやすくなってしまいます

心疾患と脳血管疾患は日本人の死亡原因において、がんに続いて多いものです。

一酸化窒素はこの様な疾患を防ぐ役割を果たしているので、人体内で一酸化窒素を増やすことがどれだけ重要かが分かります。

内皮細胞は老化や喫煙、高血糖で機能低下する

喫煙と飲酒するサラリーマン男性

一酸化窒素をできるだけ増やすことが血管の健康に繋がることが分かりました。

一酸化窒素を正常に産生するためには、内皮細胞の機能を保つ必要があります。

しかし、内皮細胞は老化や喫煙、高血糖によってその機能が衰えてしまうのです。

加齢は誰にでも起こるものですが、喫煙高血糖といった生活習慣に起因する原因はなるべく取り除くべきです。

一酸化窒素と勃起の関係性

男性器を掴む・痛み

一酸化窒素と勃起の関係性について解説をしていきます。

まずは勃起のメカニズムから確認していきましょう。

ペニスの内部には陰茎海綿体という、糸の様な極細の血管がスポンジ状に集まった組織が存在します。

普段はこの海綿体へつながる陰茎深動脈という血管の平滑筋は緊張した状態になっており、海綿体へは最低限の血液のみが流れるようになっています。

しかし、脳が性的な興奮を覚えるとこの陰茎深動脈の平滑筋一酸化窒素が放出され、平滑筋が弛緩することで海綿体に血液が流れ込むことで、ペニスが膨張し、勃起するというわけです。

つまり、正常な勃起のためには、充分な量の一酸化窒素が必要不可欠です。

一酸化窒素の増やし方

筋肉アピールする腕

それでは、勃起力を高めるために重要な一酸化窒素は、どうすれば増えるのでしょうか。

体内での一酸化窒素の増やし方を解説していきます。

適度な運動を行う

爽やかな2人の男性が向き合ってランニング運動する様子

1つ目の方法は、適度な運動を行うというものです。

軽く汗を各程度の程よい運動を行うことで、内皮細胞の機能が改善され、体内での一酸化窒素産生量を増やすことができます。

運動といっても、疲れるまで走ったり、がっつりと筋トレを行ったりする必要はなく、1日30分程度、やや速歩きでウォーキングを行う程度で構いません。

むしろ、負荷が大きい運動はかえって内皮細胞の機能を低下させるとも言われているため、普段の通勤の際に速めに歩き、距離が足りないようなら遠回りするなどして意図的に伸ばすといった程度でも充分効果が期待できます。

習慣的に続けることが重要ですので、無理なく継続できる自分なりの方法を見つけてみてください。

半身浴を行う

入浴するマッチョな男性(半身浴)

一酸化窒素の産生量を高めるためには、半身浴による温熱療法もおすすめです。

湯船に浸かって身体を温めることで、運動と同等の内皮細胞機能改善効果を得られることが分かっています。

半身浴を行う際には、お湯の温度を38~41度程度に設定し、心臓に負担がかからないよう、みぞおちくらいまでお湯に浸かって10分程度入浴します。

じんわりと身体の深部まで温めることが重要ですので、あまり汗をかかないようでしたら、浴槽内の温度を調整したり、肩にタオルをかけたりして体温調節をしてください。

また、入浴後は身体を冷やさないように常温のお水などでしっかりと水分補給を行ってください。

血管が弱っていると中程度の運動であっても継続が難しいという方もいらっしゃるかと思いますが、半身浴は身体への負担も少ないため、気軽に行うことができるのでおすすめです。

目安としては、週5日以上行うことをおすすめします。

だいたい2週間程度で効果が表れ始めます。

タンパク質と抗酸化物質を意識した食事をする

健康的なオーガニック食材・料理

一酸化窒素はL-アルギニンL-シトルリンというアミノ酸を摂取することで産生量を増やせることが分かっています。

アミノ酸はタンパク質の構成要素ですので、タンパク質豊富な食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。

また、抗酸化物質は体内で産生された一酸化窒素を守る役割を果たします。

ビタミンE、ビタミンC、ポリフェノールなど、抗酸化作用が高い栄養素も合わせて補給することが重要です。

一酸化窒素分泌を助けるサプリを摂取する

サプリメント画像

L-アルギニンやL-シトルリンといった栄養素は食事だけで充分な量を摂取するのが難しい場合もあります。

そんなときは、必要成分を効率よく摂取できるサプリメントを活用することをおすすめします。

男性の勃起力をサポートする精力剤サプリなどでも、L-アルギニンやL-シトルリン、抗酸化作用のある成分などは定番のものとして配合されているため、効率よく体内の一酸化窒素を増やし、勃起力を向上させられるでしょう。

まとめ

一酸化窒素の働きと勃起力を高める上での重要性について解説しました。

体内の一酸化窒素産生量は加齢や生活習慣の乱れによって内皮細胞の機能が衰えると、少なくなってしまいます。

勃起力の衰えにお悩みの方は、ぜひこの記事で紹介した一酸化窒素の増やし方を実践してみてください。

おすすめの記事