下腹部脂肪吸引式長茎術とは?手術内容・注意点・メリットなどを徹底解説!
α-BULL(アルファブル)広告_目次下_600_400_ver2

下腹部脂肪吸引式長茎術とは?

下腹部脂肪吸引式長茎術

引用:青山セレスクリニック

下腹部脂肪吸引式長茎術は、ペニス以外にアプローチして、ペニスを大きくする画期的な方法です。
一般的にペニスを大きくする場合は、

  • ペニスに直接作用するサプリメントを飲む
  • ヒアルロン酸を直接注入する

など、ペニスに関する何かしらのアプローチをします。
しかし、下腹部脂肪吸引式長茎術では、ペニスの周囲の脂肪に対してアプローチします。

下腹部に脂肪がつくことで、陰茎がお腹に埋もれた状態になります。
脂肪を吸引することで、脂肪で隠れていた陰茎が出て来ます
結果的に、ペニスを大きくすることに繋がります。

太っているとペニスが小さく見える

太っている男性

太っている人でペニスが小さい人が多いです。
実は、太っている人のペニスが小さいのではなく、ペニスが小さく見えてしまっているだけです。
なぜならば、脂肪によってペニスが隠れてしまうからです。

脂肪の奥には、大きなペニスが眠っている可能性があります。
したがって、太っているからペニスが小さいとは一概には言えません。

そして、下腹部脂肪吸引式長茎術は、

  • ペニスが小さくて悩んでいる方
  • 太っている方

にぴったりの方法となります。

下腹部脂肪吸引式長茎術がおすすめの人

太っている男性が3人並んでいる画像

下腹部脂肪吸引式長茎術は、ペニスに直接アプローチする方法ではありません。
したがって、人を選ぶ施術だと言えます。
下腹部脂肪吸引式長茎術がおすすめの人には特徴があります。
どの様な特徴なのか、事前にしっかりと確認しておきましょう。

下腹部脂肪吸引式長茎術がおすすめの人の特徴
  • ペニスが小さい人
  • ペニスが短い人
  • ペニスの周囲に脂肪が溜まっていると感じる人
  • 座ると竿が体内に埋まったような感覚を感じる人

ペニスが小さい人

ペニスが小さくコンプレックスを抱えている人は多いです。
温泉や銭湯などで、自分のペニスを他人に見られるのが恥ずかしいと感じる方には、下腹部脂肪吸引式長茎術はおすすめです。

ペニスが短い人

勃起していない通常のサイズで、他人と比べても明らかに小さいと感じる人は多いです。
もっとペニスを長くしたいと感じる方にはおすすめの方法です。
下腹部脂肪吸引式長茎術は、ペニスを長くすることが出来ます。
しかし、ペニスを太くすることは出来ません。
したがって、ペニスを太くしたい人は下腹部脂肪吸引式長茎術は向いていません。

ペニスの周囲に脂肪が溜まっていると感じる人

ペニスの周囲に脂肪が溜まっていると感じるような場合におすすめな方法です。
下腹部の脂肪が多く、脂肪の中にペニスが埋まっている可能性があります。
脂肪を除去することで、ペニスを長くすることが出来ます。

座ると竿が体内に埋まったような感覚を感じる人

座ると竿が体内に埋まったような感覚を覚える方には、おすすめの方法です。
ペニスのかなりの部分が体内に埋まっている可能性があります。
したがって、下腹部脂肪吸引式長茎術によって、コンプレックスを解消できる可能性は大きいです。

ダイエットでペニスは大きくなるか

イヤホンをしながら走っている男性

下腹部脂肪吸引式長茎術は、下腹部の脂肪を除去することで、隠れていたペニスが出てくる方法です。
では、ダイエットをすることで脂肪を減らせば、ペニスが大きくなるのではないかと考えることが出来ます。
しかし、簡単に結果が出ないのが、下腹部の脂肪です。

下腹部の脂肪は、ダイエットによって落とすのが大変な脂肪になっています。
だからこそ、脂肪ごと除去してしまうようなアプローチが有効になっています。
不可能ではないので、試してみる価値はあります。
しかし、手っ取り早く効果を出したい人には、下腹部脂肪吸引式長茎術がおすすめです。

下腹部脂肪吸引式長茎術の安全性について

縫合している画像

下腹部脂肪吸引式長茎術で気になるのが安全性です。
ペニスに直接アプローチをする手術の場合、ペニスへのリスクが高くなります。
しかし、下腹部の脂肪を吸引するだけなので、比較的安全であると言えます。

また、クリニックをしっかりと選ぶことで、熟練の医師が担当してくれます
したがって、より安全に手術を受けることが出来ます。

下腹部脂肪吸引式長茎術の方法(手順)

メモが書かれたノート

下腹部脂肪吸引式長茎術を受けたいなら、手術を受ける手順はどのようなものなのか、事前に把握しておきましょう。

下腹部脂肪吸引式長茎術の方法(手順)
  1. 医師によるカウンセリング
  2. 麻酔
  3. 脂肪吸引

1. 医師によるカウンセリング

まずは、医師によるカウンセリングがあります。
そもそも、本当にペニスが脂肪に埋まった状態なのかを確認する必要があります
人によっては、太っていても脂肪にペニスが埋まっていない可能性があります。
脂肪にペニスが埋まっていない場合は、単純にペニスが小さいだけです。

ペニスが小さい場合、別のアプローチが必要になってきます。
したがって、下腹部脂肪吸引式長茎術は向きません。

また、カウンセリングでは、

  • どのくらい脂肪を吸引するのか
  • どこから脂肪を吸引するのか

などについて確認します。

2. 麻酔

手術を受ける際に、麻酔無しで脂肪を吸引してしまうと、痛みがあります。
したがって、基本的には麻酔を使用します。

麻酔といっても、大手術の時のような大々的な麻酔をするわけではありません。
歯科治療などでも用いられるマスク麻酔や静脈麻酔といったものです。

3. 脂肪吸引

下腹部脂肪吸引式長茎術は、美容整形でダイエットのために脂肪吸引をする時の手法と同じ手法で行われます
具体的には、腹部を切開し、カニューレと呼ばれる専用の道具で脂肪を吸引します
下腹部脂肪吸引式長茎術は、限定的な範囲の脂肪吸引になります。
したがって、長い施術時間ではなく、大体20分~30分程度の時間です。

下腹部脂肪吸引式長茎術のメリット

喜ぶ男性

下腹部脂肪吸引式長茎術を受けることで、どの様なメリットがあるのか説明します。
気になっているが、なかなか踏み出せない方は参考にしてください。

下腹部脂肪吸引式長茎術のメリット
  • ペニスが長くなり見た目が良くなる
  • 傷跡が目立たない
  • ペニスが脂肪に埋まらなくなる
  • ダイエットする手間が省ける
  • 永久的に効果がある

ペニスが長くなり見た目が良くなる

脂肪によってペニスが埋まってしまっていたならば、術後はペニスが長くなります
したがって、美しい見た目になります
術前に比べて、違いは明らかになります。
また、ペニスが長くなることで、自分に自信を持てるようになります

傷跡が目立たない

手術というと、傷跡が気になる方は多いです。
下腹部脂肪吸引式長茎術では、傷跡が目立つことはほとんどないと言われています。
したがって、安心して手術を受けることが出来ます。

ダイエットする手間が省ける

下腹部脂肪吸引式長茎術は、脂肪吸引の一種です。
したがって、ダイエット効果に期待することが出来ます

下腹部の脂肪が出ていると、どうしても体型が崩れてしまいます。
そして、服装なども影響が出ます。
しかし、術後は下腹部の脂肪が減り、スマートな体型となります
したがって、ダイエットをせずとも脂肪を減らして体型が良くなります。

永久的に効果がある

ダイエットというと、リバウンドが気になります。
脂肪吸引の場合は、脂肪自体を吸引してしまうものです。
脂肪を溜め込む細胞ごと除去してしまうので、非常にリバウンドしにくい特徴を持っています。

しかし、全ての場所の脂肪を吸引するわけではありません。
食生活などに気を付けなければ、また太ってしまう可能性は十分にあり得ます。

術後の注意事項

注意マーク

下腹部脂肪吸引式長茎術を受けた後には、どの様なことに注意しなければならないのか説明します。
注意事項を先に知ることで、前もって準備することが出来ます。
ぜひ参考にしてみてください。

下腹部脂肪吸引式長茎術を受けた後の注意事項
  • 抜糸は1週間後
  • 術後2~4日後に術後検診を行う
  • シャワーで患部を濡らさない
  • 入浴は抜糸後から
  • 激しい運動は控える
  • 術後3日間は飲酒を控える

抜糸は1週間後

下腹部脂肪吸引式長茎術を受けた際、傷口を縫うことになります。
したがって、抜糸を行う必要があります。
抜糸は術後1週間後に行います
あくまで目安となりますので、担当医としっかり相談することをおすすめします。

術後2~4日後に術後検診を行う

術後の経過観察として、2~4日後に術後検診を行います

  • 出血していないか
  • 傷口が開いていないか

など、問題ないかを診てもらいます。

シャワーで患部を濡らさない

術後は、当日からシャワーを浴びることが出来ます。
しかし、患部を濡らさないように注意しなければなりません
患部を濡らしていいのは、術後4日以降となります。
術後の検診によっては、前後する可能性があるので、注意してください。

入浴は抜糸後から

入浴しても良いのは、抜糸が済んでからです。
入浴することで、患部を湯船につけてしまうため、入浴を控えなければなりません。
したがって、抜糸が済むまでは、入浴を我慢しなければなりません。

激しい運動は控える

激しい運動をすることで、傷口が開く可能性があります
したがって、抜糸が済んで医者の許可が出るまでは、激しい運動は控えましょう

術後3日間は飲酒を控える

術後3日間は飲酒を控えるようにしましょう。
術後検診にて、状況を診断してもらうことで、4日目以降に少量の飲酒が許可されることがあります。
制限なく飲めるのは、術後1週間以降となります。

まとめ

英語の書かれた日記とペンの画像

下腹部脂肪吸引式長茎術は、ペニスを大きくする方法です。
下腹部の脂肪を取り除くことで、脂肪に隠れているペニスが出てくるという仕組みです。
自分のペニスが脂肪に隠れているかどうかは、医師に診断してもらいましょう。
単純にペニスが小さい場合もあります。

下腹部脂肪吸引式長茎術を受けることで、ペニスが長くなります
また、脂肪を吸引するので、ダイエット効果もあります。
脂肪を吸引する際、脂肪を溜め込む細胞ごと除去してしまいます。
したがって、非常にリバウンドしにくいという特徴があります。

下腹部脂肪吸引式長茎術を受けようと考えている方は、医師のカウンセリングを受けることから始まります。
受けると決まっていなくても、相談するために診断してもらっても良いです。
下腹部脂肪吸引式長茎術を受けて、自分のペニスに自信を持ちましょう。

おすすめの記事