【勃起力アップ】コックリングの効果・使い方・注意点・メリットなどを解説

男性向けのペニス増強アイテムの1つとして「コックリング」があります。

どの様なものか知らないという方が大多数かと思いますが、その歴史は非常に古く、今から800年以上も昔、宋時代の中国では既に用いられていたともいわれています。

この記事では、コックリングについて、効果やメリット、使い方を詳しくお伝えしていきます。

上手く活用することで「勃起力アップ」「早漏改善」「ペニスのサイズアップ」など様々な効果が得られますので、ぜひ参考にしてみてください。

コックリングとは?

コックリングとは、ペニスの根元を締め付けるようにして装着するリング状のアイテムです。

装着すると血液をペニスの内部に止まらせることができるため、勃起力をアップさせたり、勃起状態を長くキープさせたりできる器具になります。

コックリングの素材はさまざまで、ゴムやプラスチック、金属などで作られたものが販売されています。

それぞれの素材にメリットがありますが、一般的に利用されているコックリングの多くはシリコン製です。

コックリングの効果とメリット

指を差すスーツを着た男性

まずはコックリングの効果やメリットを解説します。

装着することで得られる効果は多岐に渡りますので、ペニスに関するコンプレックスや悩みを抱えている方は、ぜひ目を通してみてください。

勃起の持続力がアップする

元気な男性

コックリングを装着すると、ペニスに流れた血液がせき止められ、ペニス内に留まりやすくなります。血液が流れてしまうことがないので、そのまま勃起状態を持続させることが可能です。これによりセックスの最中に中折れするといったトラブルを防ぎやすくなることがメリットになります。

特に勃起には悩んでいないという人でも、コックリングを使うと普段との違いにすぐ気付けるはずです。勃起力は加齢によって少しずつ衰えていきますから、衰退した勃起力を取り返すための手段としてコックリングはとても役立ちます。

ペニスのサイズが大きくなる

男性器を掴む・痛み

勃起が持続するだけでなく、勃起時にペニスのサイズが大きくなることもメリットです。

ペニスに流れ込んだ血液量が最大の状態のままキープできるので、パンパンな状態になり、普段の勃起よりも大きなサイズになります。

早漏の改善

お腹を抱える男性

コックリングを装着するとペニスがうっ血させる状態になるため、ペニスの感覚が鈍くなる傾向があります。挿入中に鈍感な状態になることは一見するとデメリットに見えますが、イキにくくなるという作用が生まれ、早漏に悩んでいる人にとって有効な解決策になります。

セックスを楽しむ上で、ある程度の持続力は欠かすことができません。コックリングはパートナーの満足度を高めるためにも役立つアイテムなので、射精までの時間をコントロールしたいという方にも向いています。

女性への刺激がアップする

ベッドの横で対面騎乗位する男女カップル(セックス)

コックリングは根元だけでなく、亀頭の下やペニスの中間部分に装着することもできます。その状態のまま挿入すれば、普段は何もない場所にアクセントが付くことになりますから、女性が感じる刺激もアップします

これに加えて、前述した「勃起状態が持続する」「普段よりも増大する」といった効果も生まれます。コックリングを根本に付けた状態でも、女性の感度を高めることが可能になりますから、より刺激的なセックスがしたいというカップルにもおすすめです。

包茎が改善されることがある

包茎のイメージイラスト

コックリングを装着すると、皮を剥いた状態のままで勃起を維持できます。途中で萎えて皮が元に戻るということがないので、装着しているだけで剥き癖を付けることも可能です。この結果、包茎を改善できる可能性があることもメリットになります。

コックリングの付け方

病院の前に立つベテランの男性医師

コックリングの最も基本的な付け方は、根元まで引き上げるような形で装着するというものです。

血流をせき止めるためにはコックリングが最も効果的な方法なので、勃起力を持続させたい、あるいは一時的にでも増大させたいという場合には根本への装着がおすすめです。

亀頭部分を集中的に増大させたいという場合には、カリの下への装着が最適です。

ただし、ペニス全体の血流を止めることはできないので、勃起力のアップや竿全体の増強といった効果は得づらい点には注意が必要です。

少し変わった方法としては、陰嚢ごと巻き込むような形でコックリングを付けるという人もいます。

最も強く負荷が加わるので、慣れていないと痛みを感じることが多いかもしれません。まずは根本や亀頭に装着して、様子を見ながら応用してみましょう。

コックリングを装着する際の注意点

注意看板のイラスト

コックリングは使い方次第でトラブルを引き起こすリスクを孕んでいます。

血流を強制的にストップさせることになるので、これから紹介する注意点についてはしっかりと意識して、トラブルが起こらない使い方を徹底しましょう。

使用時間は長くても30分以内

30分

コックリングを使用する上で最も注意したいのが「うっ血」です。

コックリングを付けている間は血流がずっと止まっているので、長時間にわたってその状態でいると、最悪の場合には壊死という結果を招くことになります。

その他にも、性的な興奮とは無関係な状況でも勃起しっぱなしになる「持続勃起症」を引き起こしたり、血管の損傷を招いたりといったリスクがあり、大変危険です。

コックリングの使用時間は、長くても30分以内に抑えるようにしましょう。

特に警戒したいのは、コックリングを付けたまま寝てしまうことです。セックスやオナニーで使った後につい寝てしまうと、数時間ペニスの血流が止まってしまう恐れがあります。行為が終わったら、必ずすぐにコックリングを外しましょう。

サイズが合ったものを選ぶ

コックリングのサイズイメージ

コックリングにはS、M、Lなどいくつかのサイズが用意されています。

小さいものと大きいものとの間には内径で10mm程度のサイズ差がありますから、自分自身のペニスに合うコックリングを選びましょう。

コックリングが小さすぎると、締め付けがきつくなり傷みを感じてしまいます。反対に大きすぎると、セックスの最中にズレて効果が得られません。勃起時のペニスのサイズを測っておき、合致するサイズのものを購入することがおすすめです。

他のもので代用はNG

輪ゴム

血流を止めるという目的で、コックリングの代わりに輪ゴムなどを使って代用する人もいます。

しかし、輪ゴムでは締め付けが弱くて効果を得られなかったり、反対に何重にも巻きつけることで強すぎる負荷が加わり、ペニスを傷めてしまったりする恐れがあります。

他のものでの代用は危険性が高いので、必ずコックリングを使いましょう。

まとめ

ペニスの根本などに装着するコックリングには、ペニスに集まった血液をその場に止まらせる効果があります。

勃起力をアップさせたり、持続力を高めたり、早漏を改善したりなど、様々な効果を得ることが可能です。

コックリングを付けてセックスをすると、女性への刺激を強くすることもできます。

パートナーとのセックスの質を向上させる役目も果たしてくれるので、注意すべきポイントを確認した上で活用しましょう。

 

 

おすすめの記事