イミダゾールジペプチドで疲労抑制して精力増進を!効果や摂取目安など

近年、滋養強壮剤や精力剤において疲労抑制成分の「イミダゾールジペプチド」が配合されています。

「イミダゾールジペプチド」と言う成分は、1万㎞を飛行する渡り鳥の翼の付け根に蓄えられてる成分です。

今回はそんな「イミダゾールジペプチド」にフォーカスして、

  • 基本情報
  • 精力剤に含まれてる理由
  • 摂取目安
  • オススメしたい方

などを解説します。

α-BULL(アルファブル)広告_目次下_600_400_ver2

「イミダゾールジペプチド」は疲労を抑制する渡り鳥由来の栄養素

渡鳥飛行画像

精力剤は性欲を高めることよりも、疲労を抑制するために利用されることが多いです。

イミダゾールジペプチド」は渡り鳥のパワーに着目し、開発された成分です。

渡り鳥は1万kmを超える飛行をしますが、中には着陸せずにノンストップで飛ぶ個体もあります。

これほどの持久力を発揮する要因として「イミダゾールジペプチド」を翼の付け根に蓄えていることがあります。

人間でいえば肩関節に該当する部分で、本来であれば酷使するので疲労が溜まりやすいのですが、イミダゾールジペプチドが疲労を軽減することで、疲労の蓄積を防ぐわけです。

マグロやカツオなどの魚類であれば尾ひれに負担がかかりますが、渡り鳥と同じく「イミダゾールジペプチド」を蓄えているので、高速で長時間泳ぐことが可能になっています。

DHC イミダゾール商品画像

check!Amazon:30日分:3,242円

精力剤に「イミダゾールジペプチド」が含まれる理由

イミダゾールジペプチド画像

精力剤は媚薬と考えている人が少なくありません。

精力剤を飲めば性欲がギンギンに上がったり、異性を引き寄せたりできると考えている人は多いでしょう。

しかし実際は、

  • 疲労の予防
  • スタミナ増強

などを目的に精力剤は利用されることが多いです。

人は疲労を感じると、作業効率が低下してしまうでしょう。

疲れてくると身体の動きが鈍くなりますし、ストレスが溜まって脳の働きが低下することもあります。

ストレスがピークになると、冷静な判断力を発揮できなくなります。

性行為においても疲れすぎている状態だと、萎えてしまうことが多いでしょう。

半立ちや中折れに悩まされている男性は、単純に疲労が原因であるケースが多いです。

check!イミダゾールジペプチドが高配合された精力剤はコチラ

疲労が慢性化する前に予防することが大切

鬱気味の男性画像

疲労は慢性化してから解消しようと考えてもうまくいきません。

蓄積する前にこまめに解消していく必要があるので、そのために疲労予防成分であるイミダゾールジペプチドを補給しましょう。

サプリメントに配合される成分なので、継続的に飲んでも大丈夫です。

副作用のある医療用医薬品や一般用医薬品以外の精力剤を探している男性におすすめです。

イミダゾールジペプチドの恩恵を実感する為に重要項目

カレンダー画像

イミダゾールジペプチドは食品由来の成分のため、飲んですぐに変化を得られるわけではありません。

実感するためには4週間以上の摂取が必要と言われているので、最低でも1ヶ月を目安に続けてください。

継続することで疲れにくい身体になり、たとえばウォーキングやジョギング、自転車漕ぎなどを行ったときの疲労が軽減します。

精力が減退している男性は疲れやすい体質に傾いている、またはすでに疲れが溜まっていると考えられます。

疲労をリセットするには早寝早起きが王道ですが、30代以降になると睡眠だけで疲労対策をするのが難しくなるので、このタイミングで精力剤を使用する人が増えてくるわけです。

30代以降はスタミナ増強対策が必要

腹筋の筋トレ(クランチ・シットアップ)

人は加齢により身体が衰えてくるのが当たり前で、その逆はありません。

だからこそ30代以降になったら、スタミナ増強対策が必要になるのです。

十分なスタミナがあれば、疲れを感じにくくなるからです。

イミダゾールジペプチドで疲労が溜まりにくい状態にしておけば、解消するべき疲労が減ります。

すると睡眠だけでスッキリと身体を楽にできるケースが多いのです。

疲労は精力減退+身体の大敵となる

NOと書かれたメモを見せるスーツの男性

人は疲れを感じると、運動機能が低下してしまいます。

これには性行為も含まれており、途中で息切れする、射精する前に萎えるなどの症状が起こりやすくなります。

疲労がやっかいなのは、慢性化すると自覚が難しくなることです。

たとえば、遠足に行くと翌日はどっと疲れるという経験があったでしょう。

こうした一時的な疲労に関しては自覚が容易ですが、毎日少しずつ蓄積していく疲労の場合、その自覚が難しくなります。

人は些細な変化に気づきにくいので、慢性疲労を抱えている状態であっても、自分にとって正常な体調だと錯覚してしまうのです。

こうした負のループに陥っているときは、精力も減退しやすいと考えてください。

イミダゾールジペプチドの1日推奨摂取量

イミダゾールジペプチドで疲労対策をする場合、1日に200mg以上を摂取するのが好ましいです。

400mgを目安にすれば、さらに実感度が上がるでしょう。

疲労を自覚している男性は、1日400mgの摂取を継続することをオススメします。

疲れが軽減してくると、朝の目覚めがスッキリします。

また仕事の集中力が上がる、勃起力が強くなる、中折れを防げるなどのメリットがあります。

ストレス対策にもイミダゾールジペプチドはオススメ

暗い部屋で悩む男性

イミダゾールジペプチドは疲労対策に活用されますが、ストレスに悩んでいる男性にもオススメです。

疲労とストレスは切り離せない関係があり、慢性疲労を実感している男性の多くがストレスも実感しています。

過度のストレスは自律神経のバランスを崩し、勃起力だけでなく性欲まで奪ってしまう危険性があります。

夜の生活が弱くなる原因の一つは加齢ですが、加齢のほかにストレスが関係しているのです。

特に中間管理職に就いている男性は、ストレスにさらされやすい環境にあります。

ストレスは血行障害を招き、性欲に対するペニスの反応を鈍くしてしまうのです。

  • 「異性に対して性欲があまり湧かない」
  • 「性欲はあるけど勃起しない」

という場合は、ストレス対策をする必要があるでしょう。

精力剤にはストレス解消成分が含まれたものがありますが、これはストレスを緩和して男性機能を復活させるためです。

ストレスは万病の元と言われるほど、身体に悪影響を与えます。

パートナーとの性生活を充実させるためには、自身のストレスに早めに気づき、対策することが重要です。

check!イミダゾールジペプチドが高配合された精力剤はコチラ

まとめ

仕事が忙しくて夜の生活に悪影響が出ている男性=疲労に由来するストレスを抱えている男性です。

私たちは身体の調子が悪いと感じるとき、疲労とストレスが影響していることが多いので、まずはこれらの解消が先決となります。

イミダゾールジペプチドは食品に該当するので、予防対策のために活用できます。

医薬品は病気の治療を目的にしますが、食品は病気を治すことはできません。

その代わりに病気の予防は可能なので、まだ精力減退を実感していない男性でも活用できるのです。

疲労がほとんどない状態の身体は軽さを感じますし、本来の性欲と勃起力を発揮できます。

20代で精力減退を感じる男性は少ないですが、30代くらいになると増えてきます。

この時期からイミダゾールジペプチドを飲んでおけば、40代以降でも元気を維持できるのです。

この記事を読んだ方にオススメな記事

おすすめの記事