ジオスゲニンとは?生活習慣病や更年期障害に効果がある成分?
α-BULL(アルファブル)広告_目次下_600_400_ver2

ジオスゲニンとは?

ジオスゲニン

ジオスゲニンとは、山芋に含まれる天然ステロイドで、生薬である山薬の有効成分の一つです。
特に、トゲドコロイモ(クーガイモ)に多く含まれています。
ジオスゲニンは、山芋の中でジオスゲニン配糖体として存在しています。

山芋は、古くから滋養強壮作用を持つ食品として伝えられています。
そんな山芋に含まれているジオスゲニンには、

  • 生活習慣病の予防
  • 運動機能の向上
  • 更年期障害の改善
  • 認知症の改善

などの効果に期待できます。
様々なアンチエイジング効果のあるジオスゲニンについて紹介します。

ジオスゲニンの特徴

腕組をしている医者

ジオスゲニンには、どのような特徴があるのかを説明します。

ジオスゲニンの特徴
  • 性ホルモン前駆体と似た構造を持つ
  • 安全な植物性ホルモン
  • 筋肉量・筋力の向上
  • 認知機能の向上
  • 更年期障害の改善
  • 肌質の改善

性ホルモン前駆体と似た構造を持つ

人間は、加齢によって生活習慣病のリスクが高まります。
生活習慣病は、性ホルモンの分泌を維持することで、予防することに期待できます

しかし、性ホルモンは、加齢とともに濃度が低下します。
性ホルモンの濃度の低下によって、生活習慣病が引き起こされます。
したがって、性ホルモンの濃度を維持することは重要です。

ジオスゲニンは、性ホルモン前駆体と類似した化学構造を持っています
前駆体とは、ある化学物質について、その物質が生成する前の段階の物質のことを意味します。
したがって、ジオスゲニンを長期的に摂取することによって、性ホルモンを維持することが出来ます
結果的に、アンチエイジングへと繋げることが出来ます。

安全な植物性ホルモン

ジオスゲニンは、

  • 性ホルモン
  • 免疫ホルモン

と類似した構造を持っています。

毒性は非常に低く、ホルモン異常を起こすような副作用は確認されていません。
したがって、安全な植物性ホルモンとして活用されています。

筋肉量・筋力の向上

ジオスゲニンを摂取することで、DHEAの量が増加します。
DHEAとは、アスリートの体組成や運動パフォーマンスに関連する重要なホルモンのことです。
DHEAの量が増えることで、

  • 筋力増加
  • 筋肉増加

に期待できます。

人間は、加齢とともに筋力が低下し、歩行機能が低下します。
ジオスゲニンを摂取すると、歩行機能の低下を防ぐことが出来ます。

認知機能の向上

ジオスゲニンは、神経細胞の損傷を予防・回復させることが出来ます。
したがって、アルツハイマー病の神経細胞することが出来ます。
結果的に、認知症の改善に繋がります。

更年期障害の改善

エストロゲンと呼ばれる性ホルモンが存在します。
エストロゲンは、女性らしさを作る様々な働きをするホルモンです。

更年期の女性は、エストロゲンの分泌量が減少します。
エストロゲンの分泌量が減少することで、体内環境が劇的に変化します。
体内環境の変化が、更年期障害と呼ばれています。

ジオスゲニンを摂取することで、エストロゲンの生産量を高めることが出来ます。
したがって、更年期障害を改善することに期待できます

肌質の改善

人間は、加齢によって肌質の低下を引き起こします。
肌質の低下の原因のひとつとして、エストロゲンの低下があります。

エストロゲンが低下することで、表皮層が薄くなり、シワが増加します。
しかし、ジオスゲニンを摂取することで、エストロゲンの生産量が増えます。
結果的に、肌質に関する問題の改善に繋がります

まとめ

英語の書かれた日記とペンの画像

ジオスゲニンは、主に山芋に含まれている成分です。
特に、トゲドコロイモに多く含まれています。

ジオスゲニンは、性ホルモン前駆体と類似した構造を持っています。
したがって、ジオスゲニンを長期的に摂取することで、

  • 生活習慣病の予防
  • 運動機能の向上
  • アンチエイジング効果

などに期待できます。

ジオスゲニンは、毒性が低く、ホルモン異常を起こす心配がないので、安全な植物性ホルモンとして活用されています。
加齢によって減少するホルモンを補うためには、ジオスゲニンを摂取することは大切だと言えます。

おすすめの記事